付加価値で選ぶ

数あるクレジットカードから自分に合うクレジットカードを選ぶのは非常に迷いますよね。
ここでは自分に合ったクレジットカードをより早く見つけてもらうために、特徴別にご紹介していきます。

【付加価値で選ぶ】

クレジットカードには海外旅行保険や空港ラウンジが使えたりと様々な付加価値がございます。
クレジットカードの年会費が上がるほど、付加価値の種類も多いので今一度どのような種類があるかだけでも確認しておいたほうがいいかもしれません。

◾️海外旅行障害保険
クレジットカードを持ているだけで、海外旅行保険に加入していることになりますので、海外での病気や怪我などのトラブル時に助けとなります。
海外によく行く方には非常にオススメとなります。

◾️国内旅行障害保険
国内旅行時に保険を受けることができますが、海外旅行保険とは異なり、降りるケースが非常に少ないのでご注意を。

◾️空港ラウンジ利用
国内空港でのラウンジを無料で利用出来るサービスです。

◾️プライオリティパス
国内外で空港が利用出来るサービスで、出張が多い方には非常に人気です。

◾️ゴルフ場割引
会員でないと予約できないゴルフ場でも、利用できたりと憧れのゴルフ場でのプレーも出来ます。

◾️コンシェルジュサービス
ホテルや旅行・飲食店の予約など自分の秘書のように聞いてくれるサービスです。

 

ブランド力で選ぶ

数あるクレジットカードから自分に合うクレジットカードを選ぶのは非常に迷いますよね。
ここでは自分に合ったクレジットカードをより早く見つけてもらうために、特徴別にご紹介していきます。

【ブランド力で選ぶ】

クレジットカードにはVISA/MASTER/JCBが国内では有名ですが、海外のブランドではAMEXやダイナースカードと言って富裕層に人気なブランドが存在します。
AMEXやダイナースは持っているだけでステータスとなるとも言われ非常に人気です。
上記で紹介したクレジットカードは、クレジットカードが使える全てのお店で使用できるわけではなく、店舗によって使用できるブランドが異なってきますのでご注意ください。

◾️ブランド別

▫️VISA
非常にオススメです。
国内外でシェア1位となり使用できる店舗は全世界で1位となります。
初めの一枚には必ずと言っていいほどVISAをオススメいたします。

▫️MASTER
VISA同様に非常にオススメです。
基本的には VISA使用できる店舗ではMASTERも使用できると思っていいでしょう。

▫️JCB
日本国内のみでほぼ海外では使用しないという方は JCBを選ぶ方もおおいかと思います。
というのも国内ブランドとなる為、国内シェアは高いと言えます。
ただ海外では使用できる店舗が少ないのが懸念点と言えるでしょう。

▫️AMEX
海外シェア1位のブランドとなります。
AMEX=お金持ちのイメージはお持ちではないでしょうか?
まさにステータスが欲しい方にはオススメとなります。

▫️ダイナースカード
こちらも海外ブランドの富裕層向けカードとなります。
ダイナースカードの通常のカードでも審査が厳しいことから持っているだけでもステータスとなるでしょう。
ただ国内では使用できる店舗が少ないのが懸念点となります。

上記点を踏まえると初めの一枚目はVISA/MASTERをつくるのをオススメいたします。

ポイントで選ぶ

数あるクレジットカードから自分に合うクレジットカードを選ぶのは非常に迷いますよね。
ここでは自分に合ったクレジットカードをより早く見つけてもらうために、特徴別にご紹介していきます。

【ポイント条件で選ぶ】

クレジットカードには必ずといっていいほど使用額に応じてポイントが付与されます。
買い物や食事代などを現金ではなくクレジットカードをメインに使用してポイントを貯める方も今の時代では非常に多いです。
それだけポイント還元の条件がいいとも言えるかと思います。
ただポイント還元率のみを見ていると、年会費が高く付いているケースが多いので、年会費とポイント還元率とのバランスをみて決めていくことをオススメします。

◾️年会費無料
年会費無料なので、クレジットカードを使用して得たポイントは全て得していると言えます。
ポイント還元率がいいものを選べば相当なお得をすることができますのでオススメです。

◾️年会費有料
年会費無料に比べてクレジットカードを使用して得たポイントから年会費の分を考慮する必要があります。
その為一概にポイントがいいからといっても、それが得をしているかは使い方やポイント条件によりますのでご注意ください。

上記でご紹介するようにポイント還元率に加えて年会費も考慮して選ぶことをオススメいたします。

カード発行会社で選ぶ

数あるクレジットカードから自分に合うクレジットカードを選ぶのは非常に迷いますよね。
ここでは自分に合ったクレジットカードをより早く見つけてもらうために、特徴別にご紹介していきます。

【カード発行会社で選ぶ】

クレジットカードを発行する会社は、国内のみでも100社以上あると言われております。
多くの会社がある中で自分にあったクレジット発行会社を選べるようご紹介していきます。

といってもクレジット発行会社はどれもサービスをよくすることで新規顧客を取り込んでいるために、自分に合った発行会社を選ぶのがいいかと思います。

特に大手企業や中小企業の発行する会社ではセキュリティ面やサポート対応面が違いが出てきます。
大手のセキュリティはやはりしっかりしていることもあり安心して使用できるのかと思います。
ただサービス面を見ると中小企業が出すクレジットカードのほうがいい傾向にあるかもしれません。
ポイント付与の条件や年会費などがそういった点に入ってくるかと思います。

◾️大手クレジット発行会社例
▫️JCBカード
▫️三菱UFJニコス
▫️三井住友 など

◾️準大手クレジット発行会社
▫️楽天カード
▫️イオンカード
▫️オリコカード
▫️エポスカード など

 

上記でご紹介するようにセキュリティ面も考慮して自分に合ったクレジット発行会社を選ぶのも重要になってくるかと思います。

年会費で選ぶ

数あるクレジットカードから自分に合うクレジットカードを選ぶのは非常に迷いますよね。
ここでは自分に合ったクレジットカードをより早く見つけてもらうために、特徴別にご紹介していきます。

【年会費で選ぶ】

クレジットカードを選ぶ上で、まず気にするのは年会費ではないでしょうか?
いくらポイントなどの条件が良くても年会費が高ければ自分に合わない。
もしくは年会費が高くてもポイントや保険の条件が最高条件のものがいい。
など年会費は選ぶ上で非常に重要となってくるかと思います。

◾️年会費無料
初心者には非常にオススメです。
年間含めて一生年会費が掛からないというカードですので、クレジットを初めて使う方にはオススメかと思います。
何と言っても年会費無料は魅力的ですよね。

◾️条件付き年会費無料
クレジットカードが定める条件付きで年会費が無料になります。
年に一度でもクレジットカード使用すれば無料になったり、数年利用でその年以降年会費無料など条件は様々です。

◾️年会費〜2,000円
2,000円代のクレジットカードは比較的種類が多いです。
年会費無料のクレジットカードとさほどサービス内容が変わらない可能性も多いので、内容を見比べて選ぶといいかと思います。

◾️年会費〜5,000円
クレジットカード機能の他に保険や空港サービスなど多く付帯してきます。
出張や旅行が多い方にはオススメと言えます。

◾️年会費10,000〜30,000円程
ゴールドカードから安いプラチナカードという種類になります。
ホテル割引や予約などを行ってくれる特別デスクが利用できたり、富裕層向けのサービスが揃います。

◾️年会費30,000〜
プラチナカードやブラックカードがこのカテゴリーに入ってきます。
コンシェルジュサービスが使用でき、自分の秘書が付くといった並みのサービスを受けることができます。
またマイルなども特別条件なのでクレジットカード生活の方などにはオススメです。

上記でご紹介するように年会費が高いほどサービスやポイント・決済種類が増えたりなど機能が充実いたします。
一概に年会費が安ければいいと言うわけではなく、その他のサービス面も踏まえて考えるといいかと思います。